七福丸のこだわり

兄弟船で毎日行う「タコ壺漁」から「活き締め」の様子をご覧ください

七福丸動画

タコツボでの漁

先祖代々の漁場と漁法「タコ壺漁」を受け継ぎ今は兄弟船で毎日漁に出ています。 網で獲るタコ漁に比べ、タコ自体がストレスを感じにくく外部からの傷もつきにくいため、「味と見た目」を自然そのもののまま保つことができます。
タコツボでの漁

活き締め

七福丸ではタコの眉間の間の急所を一発で突く、活き絞めという方法をとっています。氷締めだと身が水分を含みながら締まっていくため、 下津井タコ本来の「身が引き締まっている」という特徴を生かせません。 それに比べ活き締めは鮮度をそのままに締るので、身はプリプリで吸盤もコリコリなベストの状態を保てます。
活き締め

選 別

出荷するタコは毎日タコを沢山見ている私たちプロの目でしっかり選別。
品質が悪い物は100%出荷しないというプライドを持っています。
選 別

直送「鮮度はスピード命」

漁師と言えば、組合や卸業者・市場を通すのが普通なのですが、当店は獲ってきたタコをどこの業者も入れず 数時間後には運送会社に渡しています。 そのため、価格・安全性の高さ・鮮度には特に自信を持っています。
直送「鮮度はスピード命」

食育について

近年、食生活の乱れや輸入食品の増加により、食品に対する影響が懸念されています。 笑い話ではなく「魚は切り身で泳いでいる」と思っている子供もいるという事実が、 世間の食に対する関心の薄さを物語っているのではないでしょうか?
私たちは食育専門資格を所有しており、 さらに「第一生産者」という立場を生かした「食育」の講義を行っています。
後継者問題や地産地消を目的として先祖代々から受け継いできた伝統漁法と絡めてお話しします。
保育園や高齢者施設、小学校、料理教室などの施設で、 出来る限り分かりやすく楽しい講義をさせていただきますので、 お気軽にお問合せ下さい。

食育
食育
食育

漁師からの直行便 七福丸

漁師からの直行便 七福丸 〒711-0927
岡山県倉敷市下津井2-8-20
TEL 086-451-5511
FAX 086-451-5511
Eメール hichihukumaru@gmail.com
ECサイト 47 club
SNS
Facebook Instagram Twitter Line@